日企面试:日企面试中的“压轴题”如何应对?

风孩 发表于 2021-04-08 16:15:28 | 打印

就職活動の面接は基本的に面接官からの質問に答えていきますが、しばしば「弊社について何か聞きたいことはありますか」と逆に質問することを要求される場合があります。


应聘过程中的面试基本上是回答面试官的提问,但也常常被要求提问,比如面试官会问:“对我们公司,你有什么想了解的吗?”


この「逆質問」時のポイントを以下にあげてみました。


以下是向面试官提问时要注意的地方。


ポイントその1


注意点之1


「特にありません」は、だめ。


不能说“没有什么想问的”。


当然ですが、面接官へのアピールに全くなっていません。


当然了,因为这会让你错失一次向面试官表现自己的机会。


「この人は熱意が無い」というマイナスの評価になる可能性すらあります。


甚至还可能得到负面的评价:这个人缺乏热情。


ポイントその2


注意点之2


「調べて分かること」は聞くな。


不要问自己可以查到答案的问题。


(例 「○○という言葉の意味は何ですか?」「社員は全体で何人くらいいるのですか?」等)


(例如,“xx这个词是什么意呢?”“公司一共有多少员工?”等)


面接官はわざわざ自分のために時間を割いてくれています。


面试官特意拿出时间让你提问。


ちょっと調べれば分かること、HPに載っていることは質問を要求されたからといって、聞くべきではありません。


虽说是要求你提问,但也不该问这种稍稍调查一下就知道,或者说在公司主页上就能找到答案的问题。


もちろん面接官は質問すれば答えてくれるでしょうが、好印象を抱くことは無いでしょう。


当然只要你问,面试官还是会回答的,但是决不会给人留下好印象。


ポイントその3


注意点之3


「自分のアピールにつながらないこと」を質問するな。


不要问不会给自己加分的问题。


(例 「(面接官に対し)休みの日の趣味はなんですか?」等 )


(例如,“(问面试官)您休息日里的爱好是什么?”等)


「その質問をすることで、面接官への自分の魅力や熱意のアピールにつながるのか?」を考えて質問をするべきです。


提问的时候,应该先考虑:问这个问题,是否能像面试官展现自己的魅力和热情呢?


「純粋な気持ちで聞きたいと思ったことを聞く」というのは、面接の場ではあまりオススメしません。


在面试场合,我不太建议不加考虑地想问什么就问什么。


なお、上記の(例)のような質問でも、「この質問をして、こういう話につなげて、こんな自分のアピールにつなげる」といった戦略があった上での質問であれば、アリだと思います。


另外,像前面举的例子一样的问题也并不是绝对不可以问,只要能联系到某个话题,进而达到宣传自己的效果,如果能有这样的“策略”然后再问,也很好。


ただし、どうしても働くうえで気になる点、聞いておきたい点があり、OBやOGの知り合いがいない場合は、アピール関係なしに聞いた方がいいでしょう。


但是,如果工作方面有特别在意的问题,又没有认识的前辈的情况下,那就问,而不用考虑是否能展现自己。


おわりに


结束语


理想は受験する会社ごとに、上記のポイントを押さえた質問が考えておくのがベストです。


理想的做法是,对应聘的每家公司,都按照上述几点提前准备好问题。


しかし、質問を考える時間が無かった、いい質問が思い浮かばなかった???という時のために、筆者が利用していた便利な質問を記載しておきます。


不过,如果没有时间考虑,或者想不到什么好问题……为此,在这里记下笔者曾经用过的问题:


それは、


「もし、御社から内定をいただけたとして、入社するまでにやっておいた方が良いこと、やっておくと入社してから役に立つことは何でしょうか?出来れば入社後一日でも早く会社の戦力になりたいので、今時間のあるうちにやれることはやっておきたいと考えています。」という質問方法です。


“如果,能够拿到贵公司的内定,在入职之前我可以做些什么,从而对入之后的工作有所帮助呢?我希望能尽早胜任公司的工作,所以想趁现在有时间,把能做的做了。”


我们免费办理赴日留学。有去日本留学意向的可以点击阅读原文填写留学申请表,我们的指导老师会联系您做一对一的免费日本留学问题解答!
↓↓↓↓

本帖子中包含更多资源

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

全国公务员考试培训联盟

© 2017-2018 caimaicn.com